谷山浩子 Special Interview


2012年で40周年を迎える女性シンガーソングライター谷山浩子。この40年間、自身の活動はもちろん、多くのアーティストへの楽曲提供、子ども向けの楽曲や絵本の執筆、音楽劇の脚本、演出、主演まで務めるなど、音楽という枠にとらわれない活動で多才な才能を披露してきた。そんな彼女が、そのキャリアの中で最も長いインターバルとなる、約4年ぶりのオリジナルアルバム『夢みる力』をリリースした。一見平凡なタイトルに込められたメッセージとは何なのか? ロングインタビューでその真意を聞く。

 

 

-- 来年、デビュー40周年イヤーに突入ですが、40年の重みというのはどのように受け止められていますか。

 

 

 

15歳の時にデビューをして、とにかく人生のほとんどこの仕事していますので、それだけ生きてきたんだな~、という感じです。私は昔から先のことを考えるのが苦手なので、散歩をしていたらいつの間にかここまで来ていたなというような感覚です(笑)。

 

 

 

-- 特に改まっての実感はないということですね。

 

 

 

私はインタビューを受けるときに苦手な質問がいくつかあって、改まって「今後の抱負は何ですか?」とか、「あなたにとって音楽はなんですか?」とか「10年後に何をしていると思いますか?」とか聞かれるとすごく困るんです。そういうのって今まであまり考えたことがないですよ(笑)。それと特に困るのはインタビューの最後に「ファンのみなさまにメッセージを」という質問……。今まで聞いてくれた話からまとめてくださいって思うんです。

 

 

 

-- 気を付けます(笑)。デビュー40周年の話をもう少し聞きたいのですが、谷山さんはデビューが1972年4月で同じ女性シンガーソングライターの五輪真弓さんや松任谷由実さんよりもデビューが少し早いですね。まさに、女性シンガーソングライターの草分けの草分け的存在といえると思うんですが、その辺の実感はありますか。

 

 

 

そうなんですか? でも、私がデビューした時にはすでに、シンガーソングライターという言葉はありましたよ。デビューアルバム『静かでいいな』に付けられたキャッチコピーが「セーラー服のシンガーソングライター」でしたから……。でも当時はそれがものすごく嫌だったんです(笑)。確かに、アルバムをレコーディングしていたときは中学3年生で、セーラー服だったんですけれど、高校はブレザーでしたから(笑)。

 

 

 

-- デビューよりも前に、谷山さんの作家デビューは14歳の時にベイビーブラザーズに書いた「僕たちの秘密」ですよね。この曲について書いた時のことを覚えていますか。ベイビーブラザーズはのちのフィンガー5のことですが。

 

 

 

ベイビーブラザーズもわたしも、キングレコード所属でディレクターの方が一緒だったんです。元々私は中村晃子さんのファンだったので、それでキングに曲を売り込みに行っていたんですよ(笑)。

 

 

 

-- そうだったんですか?

 

 

 

そんな関係で曲を提供することになったんだったと思います。先日、フィンガー5のAKIRAさんのラジオに呼んでもらって、当時の話で盛り上がりました。当時のキングレコードって、歌謡曲のイメージの強いレコード会社だったので、私のアルバム『静かでいいな』のアレンジも歌謡曲っぽくて当時はあまり気に入っていなかったんです。でも今はすごく寛容な気持ちで聴けますけどね(笑)。ファンの人には、明るい曲なのに、歌詞の中に谷山浩子がいると言われます(笑)。

 

 

 

-- それを皮切りに、ご自身の音楽活動を行いながら、今まで多くのアーティストに様々な楽曲を提供してきています。難しい質問かもしれませんが、思い出に残っている曲はありますか。

 

 

 

どういう意味での思い出だろう?

 

 

 

-- 例えば、苦労した曲とかは?

 

 

 

80年代にシングルになった「DESERT MOON」ですね。

 

 

 

-- 1984年のドラマ「青い瞳の聖ライフ」の主題歌ですね。

 

 

 

そうそう。あれは元々あった洋楽の曲に日本語詞をつけるというもので、最初は原作にそった内容のほとんど訳詞をつけたんです。そうしたらドラマのスタッフの方から、「もっと高校生の女の子の思い」を書いてほしいというリクエストがあって、かなり戸惑った思い出があります。しかもその方が書いたポエムのようなものを渡されたんですよ……。今なら面白がってやるんでしょうけど、当時はすごく真面目だったので……(笑)、かなり悩みました。「どうしよう?」って感じで苦労して書きましたね。

 

 

 

-- 最近も曲提供は多くやられていますが、最近の心得は変わってきていますか。

 

 

 

最近は自分が歌うために作る曲と他人への提供曲の間に垣根がなくなりました。人に書いても自分が歌うつもりで書いていますし、そういう意味では今回のアルバムもセルフカバー曲は多いけど、自分のオリジナルアルバムという感じのアルバムなんです。

 

 

 

-- このたびのニューアルバム『夢みる力』には7曲の提供曲をセルフカバーしていますよね、

 

 

 

とは言いつつも、全部他人への提供曲にすると、完全なセルフカバーアルバムになってしまいますから、涙を飲んで外した曲も多くありました。でも基本的には自分が今大好きだと思う曲、今歌いたいと思う曲を選びました。

 

 

 

-- 曲数が多いから選曲も大変だったでしょうね。そのアルバム『夢みる力』は、オリジナルとしては4年ぶりのアルバムになるんですよね。

 

 

 

本当は昨年リリースしたかったんです。諸般の事情により、今年満を持してのリリースとなりました(笑)。

 

 

 

-- 多作で知られる谷山さん、かつては毎年のようにアルバムを出していましたよね。

 

 

 

でも最近はそういう気持ちもあまりなくて、この年になると、そんなに急ぐこともないだろうって境地になっています(笑)常に新曲を発表しなくちゃいけないという気持ちも薄らいでいますね。

 

 

 

-- 今回のアルバムはまず『夢みる力』というタイトルに驚きました。谷山浩子さんのアルバムタイトルには珍しい言葉だし、強いメッセージが込められています。

 

 

 

そうなんですよ。『夢みる力』ってすごくよくある言葉だし、ネットで検索してみたら焼酎の名前にもあったし(笑)。中島みゆきさんの曲にもあるんですよ(笑)。

 

 

 

-- みゆきさんが雪村いづみさんに提供した「夢見る勇気(ちから)」ですね。

 

 

 

そうそう。だから最初、このタイトルはないなと思ったんです。でも、ジャケットとタイトルの組み合わせで決まった感じなんです。今回のジャケットに自分の小さい頃の写真使うことになって、いろいろ言葉をあてはめていたら、この写真と『夢みる力』という言葉が妙にマッチするんですよ。『さよならDINO』というタイトル案もあったんですが、見事に写真と合わなかったんです。「『夢みる力』しかない!」って感じで決めたんです。

 

 

 

-- このアルバム、どの曲も素晴らしいので、各曲についても少し伺いたいと思います。まず、「のらねこ」「おうちでかくれんぼ」。これは斉藤由貴さんの久々のアルバム『何もかも変わってくとしても』に提供した曲ですよね。谷山さんは斉藤さんへ多くの曲を提供していますが、こういう曲を聞くと二人の相性の良さを感じます。それにしても「のらねこ」はいい曲ですね。

 

 

 

「のらねこ」は曲が先にできていて、作曲の亀井登志夫さんが作ったデモがすごくよかったんです。そのメロディに歌詞を書くために、何回も聴いていたので、すごく気に入って、それを私のアルバムで再現したくなったんです。その亀井さんのデモをアレンジの(石井)AQに渡したら、私が歌っているのも欲しいと言われまして……。それはそうだなと(笑)。

 

 

 

-- 斉藤さんのバージョンも谷山さんのバージョンもそれぞれ個性が出ていて素晴らしいと思います。

 

 

 

最初に作詞の依頼が来たとき、斉藤由貴さんのディレクターから「銀河通信」みたいな歌詞にしてほしいと言われたんですよ。ちょっと戸惑って、悩んだんですが、結局出来なかったので(笑)、好きなように書いたら「のらねこ」が出来ました。

 

 

 

-- 曲の雰囲気にぴったりの歌詞ですよね。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

-- もう1曲「おうちでかくれんぼ」はいかがですか。

 

 

 

これは私が台本を書いてレコーディングに臨んだんです。歌詞だけではなく、間奏で挿入される台詞を全部私が考えて斉藤さんに提供したんです。斉藤さんのバージョンでは実際に彼女のお子さんが演じていて、すごく楽しい曲になっているんですが、私のバージョンもスタッフ総出で演じてもらって、すごく楽しくレコーディングできました。こういうお芝居のような曲は大好きで、いずれこういう曲だけで1枚アルバムを作りたいくらいです(笑)。

 

-- 「きみのともだち」は持田香織さんに提供した曲ですが、持田さんとのメールのやりとりで生まれたそうですね。

 

 

 

そうなんです。この曲の歌詞は持田さん自身が書かれているんですが、歌詞カードを見てもらえばわかるように、すごく長いんです(笑)。彼女の携帯から私の携帯に送られて来た歌詞がすごく長くて……、いつまでスクロールしても終わらないという……(笑)。驚きましたね。持田さんはとても熱心な人で、いい曲になりました。

 

 

 

-- この夏のジブリ映画「コクリコ坂から」の挿入歌に谷山さんの作品が3曲起用されています。その中から今回のアルバムに「初恋の頃」を収録した理由を教えてください。スタジオジブリがプロデュースした「コクリコ坂から歌集」は谷山さんが9曲も曲を書き下ろしているんですよね。ジブリ仕事は2006年の「ゲド戦記」以来ですね。

 

 

 

自分のアルバムに収録するのは映画で使われた挿入歌3曲の中からにしようと決めていたんです。「初恋の頃」を歌ったのは消去法で決めたんです。「朝ごはんの歌」は私が歌うとものすごく所帯くさくなるので……(笑)。「初恋の頃」は私が小さな頃によく聴いていた50'sや60'sのポップスを思い出して、例えばコニー・フランシスの和製カバーっぽく作った曲なんです。私はあの頃のポップスを聴いて育った世代ですからね。そういう意味で、とても気に入っている曲なのでアルバムに収録しました。

 

 

 

-- 「コクリコ坂から」をご覧になった感想は?

 

 

 

あの映画の舞台が1963年の横浜なんですね。私自身、横浜出身なので、うれしくなる風景が映画の随所に出てきました。

 

 

 

-- そして「NANUK」は近年の谷山浩子作品の中でもかなりの名曲だと思います。この曲の歌詞から強いメッセージを受け取りました。先日のライブでも素晴らしい歌を聞かせていただきました。

 

 

 

ありがとうございます。この曲はファンの人の中でも好きな人が多いんです。わたしのファンの『黒』好きよりも、『白』好きのファンの人が特に好きな曲だと思いますね(笑)。

 

 

 

-- ベストアルバム『白と黒』はまさにそうですよね? やはり熱烈なファンは代表曲を集めた“白”盤よりも谷山さんの個性が出た“黒”盤を好むんですよね。

 

 

 

コンサートの選曲で「白」的な曲が多い時は「物足りなかった」というような事がファンの方からのアンケートに書いてあるんですよ(笑)。

 

 

 

-- そうですか(笑)。「NANUK」同様、今回の表題曲「夢みる力」も素晴らしくて、3月11日の大震災以降の心に響く曲になっていますね。個人的に大震災のあとに、谷山さんのネットでの発信に個人的にすごく勇気をいただいたんです。

 

 

 

でもそもそも私は曲にメッセージを込めて、それを世の中に出すことは非常に苦手なんです。照れ屋の家系のようです……(笑)。「夢みる力」というのはつまり「心の力」のことなんです。人間の心ってすごく伸び縮みするから、縮こまったり、逆にいくらでも広がって宇宙みたいに広くなったりするんです。「心の力」をないがしろにするとしっぺ返しを食らう気がします。近代以降、物質文化になっていくなかで、人々は心を中心にして物事を考えることができなくなっていたんだと思いますね。

 

 

 

-- アーティストの方がこういう事態になったときに、メッセージを出すことはすごく難しいんじゃないかと思うんですが。

 

 

 

先ほども言いましたが、私はメッセージを発信するのが苦手だし、メッセージソングも苦手なんですよ。メッセージソングを収録している、デビューアルバム『静かでいいな』もとても恥ずかしいんですよ。ですから、『夢みる力』も聴いて下さる方の、それぞれの思いに委ねたいんです。

 

 

 

-- わかりました。では、2002年から始まって今回で10回目に突入するコンサート「猫森集会」についての話をお聞きしたいと思います。1987年から2001年まで青山円形劇場で行ってきた伝説のコンサート「101人コンサート」(14年間で300公演以上実施されたロングランコンサート)の続編的シリーズになるわけですが、そもそも青山円形劇場から、新宿のスペース・ゼロに移転する時に何か事情はあったのでしょうか。

 

 

 

おそらく移転は予算の都合かと(笑)。スペース・ゼロは素敵なホールで気に入って使わせていただいています。そもそも「101人コンサートスペシャル」というネーミングに関して私自身釈然としていなかったんですよね(笑)。移転するタイミングで「猫森集会」に変えたんです。

 

 

 

-- 「猫森集会」は8日間ありますが、ゲストや構成など4つの異なるプログラムに分かれていますよね。その中のひとつ、谷山さんのオール・リクエスト・デイを毎年拝見しています。谷山さんはあれだけの膨大な楽曲を持っているのに、お客さんから来たリクエストに対してすぐに歌われていることに驚愕します。

 

 

 

そんなこともないんですよ(笑)。第1回目のオール・リクエストで伝説の「月見て跳ねる」というのがあったんです。間奏の変拍子に突入できなくて15分くらいステージ上でミーティングになっちゃった(笑)。後からファンの人から公開リハーサルと言われましたし……(笑)。途中でメロディを思い出せなくてお客さんに教えてもらったこともありますし……(笑)。

 

 

 

-- そんなことがあったんですか(笑)。そういうことがあったにせよ、僕はいつも関心しているんです。今年もいろいろなハプニングも含め楽しみにしています(笑)。ところで、最近の谷山さんのマイブームはなんですか。

 

 

 

寒天ですね(笑)。ファンの人にtwitterで教えてもらっていろいろな種類の寒天を作っています。特に無印良品のはちみつゆずは美味しいですね。オススメはウコン茶。これは是非やってみてください! 寒天は安いし、作るのが簡単だし、健康にもすごくいいんですよ。今度一度やってみたいのは豆腐入りの味噌汁寒天です(笑)。

 

 

 

-- それはどうなんですか(笑)。

 

 

 

それとドラマの「相棒」は好きかな(笑)。いろいろドラマはあるけど、あれはすごくよくできたドラマだと思いますね。あと最近になって、今頃コンピュータミュージックに手を出してみました。

 

 

 

-- もともと谷山さんはPC8001の時代からパソコンを使われているというパソコン通ですよね。ホームページもhtml.をご自身でゴリゴリ書いて(笑)1996年からご自身で作られているという。

 

 

 

そうそう、当時は勉強しながらプログラミングしていたんですよね。

 

 

 

-- かなり本格的ですよね。

 

 

 

でも、コンピュータで音楽を作ったことはなかったんです。今になってちょっとだけさわってみて、コンピュータミュージックに手を出さないでよかったかもと思いましたね。コンピュータを前にすると自分の頭から生まれていくはずのメロディ、それについての発想の広がりが吸い取られていくような感じがするんです。これからもずっとピアノで作曲をしていきたいと思いました。

 

 

 

-- コンピュータが勝手にメロディを作ってしまうところでしょうか。でもそれはPCで文章を書くようになってからも確実に文筆家の文体はかわったでしょうね。

 

 

 

そうそう、私も文章を書く時に手書きからワープロに切り替えた時にも同じような事を感じましたけど。便利になったことは確かですけれど、失くしたものも確実にありますね。でも戻れないんですよ。「ねこの森には帰れない」みたいな(笑)。

 

 

 

-- そうですね(笑)。では最後にファンの方にメッセージを……(笑)、ではなく、言い残したことはないですか。

 

 

 

今年は紙ジャケットの再発やオリジナルアルバムなど、たくさんCDを出して、ライブをたくさんやって、それを全部カバーしてくださっているファンの方に、「すいません」という気持ちです。不景気なのにお金かかってしまって……。

 

 

 

-- あの紙ジャケのシリーズは素晴らしかったですね。

 

 

 

そうなんです。ミニチュア愛好心をくすぐられますよね(笑)。デザイナーさんがとても素晴らしい仕事をしてくれたんです。今回発売になるアルバムは、入手困難だったタイトルもあるので、こういう企画は嬉しいです。

 

 

 

-- この秋は「猫森集会」にツアーにと忙しくなりますね。

 

 

 

今回のツアーで東北に行くことが出来るようになったのでよかったです。最初は東北の会場が見つからなくて、なかなか決まらなかったのですが、ようやく決まりました。ファンの方の顔を見るのがとても楽しみです。